あれ?目立ってない?ニキビ跡を改善しましょう

なぜニキビ跡は残ってしまうの?

ニキビができやすい人にとって、気になるのがニキビ跡。潰さないように気をつけていてもくすんだような跡が残ってしまったり、赤みを帯びたまま残ってしまうことってありますよね。なるべく触らないようにしていたのに、跡が残ってしまうのでしょうか。その原因は、皮膚表面ではなく毛穴の奥や周辺で酷い炎症を起こしてしまうことが考えられます。簡単に言えば、ニキビができた場所が傷になっている状態であることが原因です。そして傷を治そうとメラニン色素が活発になってしまい、色素沈着してしまうのです。

ニキビ跡がクレーター状態に

ニキビ跡の中でも厄介なのがニキビ跡のクレーター状態です。クレーターとは月面のでこぼこした場所を言い、そのような状態が顔の中で起こっているものを指します。肌表面が陥没しているので、人から見ても目立ってしまいますし、キレイな肌とは言える状況ではありません。このようなニキビ跡が出来てしまう原因は、ニキビの炎症が皮膚表面だけではなく、真皮層にまで及んでしまい、皮膚を構成しているコラーゲンの組織まで傷ついている状態になってしまうからなのです。

ニキビ跡を改善する方法

ニキビ跡の種類によって改善方法は異なります。赤みがある場合にはビタミンC誘導体成分が良いとされています。すでに茶色になっているニキビ跡にはハイドロキノンやプラセンタなどの美白成分が配合されているものがおすすめです。また、厄介なクレーター状態の場合には、コラーゲンが配合されている物を選ぶのが良いでしょう。それぞれの症状に合わせた使い分けが大切です。基本的にニキビ跡はニキビさえ作らなければできる心配はないですから、まずはニキビができにくいようにしっかりスキンケアをしていきましょう。

ニキビ跡とはニキビを引っ掻いてしまうなどしてできた傷痕を指します。肌をマッサージしたり美容液を塗るなどしてきちんとケアをすることが必要です。