若返りで注目をされているボトックスの効果

ボトックスの主成分とその役割

美容整形で人気のボトックスですが、ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質のひとつです。この成分をシワの部分に注入することにより、神経を通して送られる顔の筋肉を動かせという伝達が鈍くなり、筋肉がリラックスします。こんな菌を顔にいれて大丈夫なのか心配になりますが、特に体に害はなく、毒素も放出されないので安心です。ボトックスは顔の表情筋だけではなく、多汗症治療や筋肉を萎縮させて小顔やふくらはぎをスリムに見せる効果があります。

エラに注入すれば小顔効果がある

顔の筋肉が発達していると、顔が大きく見えます。男性なら気にしない人がいても、女性で顔が大きいと気にする人が多いです。そんな大きな顔も、ボトックスで小顔になれます。エラ部分にある咬筋が鍛えられていると顔は太く大きく見えるため、この筋肉を萎縮させると小顔に見えます。顎の筋肉を萎縮させたら固いものが突然食べられなくなるのではと心配になりますが、特にこの筋肉を萎縮させても咀嚼に影響はありません。

ボトックスのデメリットとは

ボトックス注射をしても即効性があるわけではありません。注射をしてから効くまで三日はかかります。注射をするとき痛みがあり、麻酔はできますが押すような痛みはあります。効果は永久ではなく効き目は3ヶ月から半年とメンテナンスが必要です。注射をすることで腫れや内出血が起こります。マスクでごまかすこともできますが、3日ほど続くでしょう。ですがメスを使わずとも小顔になれると人気はあります。デメリットを把握した上で施術をしましょう。

ボトックスの施術効果は、短期間のうちに現れるため、肌トラブルの防止のために魅力的な施術のひとつとして扱われています。