脱毛サロンによって痛みは異なる!痛い脱毛・痛くない脱毛

痛みのある脱毛ってどんなもの?

痛みが生じやすい脱毛は光脱毛やニードル脱毛と呼ばれる手法になります。光脱毛とは、複数の波長の光を肌に当てることで毛根を刺激し脱毛に導くというもの。肌への負担は少ないとされていますが、人によって痛みの感じ方は異なりますし足は平気だったけど脇は痛い等光を当てる個所によっても痛みは異なります。

ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込んで電流を流し毛根を刺激するといった手法です。毛根に直接電流を流すため痛みが強く生じやすいのがデメリット!さらには毛根一つ一つに刺激を与えないといけないため、時間がかかってしまうというのも欠点です。しかし、一度毛根を刺激してしまえば光脱毛のように時間が経ったらまた生えてきたということはなく、永遠に生えてこないといっても過言ではないほど効果の高い方法です。

どちらも痛みは生じますが脱毛の効果の高さがメリットです。

痛みのない脱毛はどんなもの?

痛みのない脱毛としては、ハイパースキン脱毛と呼ばれる手法があります。これは毛根から新しい毛が生えてこようとしている段階のときに特殊な光を与えることで再び毛が生えてこないようにするのです。光脱毛やニードル脱毛と異なり毛根や毛乳頭自体を直接破壊するものではないので高温である必要がなく、痛みはほぼありません。さらに、光脱毛後は肌に熱がこもってしまい肌を傷つけるのを防ぐために、肌を冷やす必要がありますがハイパースキン脱毛であれば肌を冷やす必要がありせん。そのため全体の施術時間が短くて済み、脱毛サロンに通うペースも短い間隔で通うことができるというメリットもあります。

えりあしの脱毛は流行ってきています。なぜなら、えりあしの毛を剃るのは難しいからです。レーザーで脱毛をするため安心です。